HOME  >  二度目の青春を楽しむ方法  >  女は死ぬまで性愛

女は死ぬまで性愛

加齢とともに勃起力が弱まると、男性は「セックスの終了宣言」をしてしまいます。「性交」がなければセックスでないと考えているからですが、女性の方は、性交がなくてもセックスだと思っています。女性はセックスを性的な行為で愛を交わすことだと考えますが、男性は膣内に精子を放出することだと考えています。シニアのセックスにおいて、男性が意識転換をはからなければならない点です。

女性の悦びは性交だけではありません

男性は初めて射精を経験したときから、常に快感を得てきました。たまった精子を放出することが快感を得る手段であり、女性の体を使って射精できれば最高だと感じています。女性の場合には、男性の「たまった精子」のような切羽詰った生理現象がありません。基本的には、してもしなくても良い状態です。しかも、初体験は通常痛みを伴うもので、ある程度経験を積むまでは、性交そのものの悦はあまりありません。

それでもセックスをするのは、好きな男性に抱かれたり、体を愛撫されたり、愛をささやかれたりすることに、性的満足を得ているからです。40代、50代でも「オーガズムを経験したことがない」という女性はいる一方で、「セックスのたびに必ずオーガズムに達する」という人は意外と少ないです。「セックスのときに、感じているフリをしたことがある」という女性は5割いるとも言われます。

女性は必ずしもオーガズムのためにセックスするのではなく、愛し合うためにするのだと理解しましょう。

灰になるまで悦ばせるために

中高年は、どういう性愛行為をすれば相手が悦ぶのかを、改めて真剣に考えるべきときです。今までのセックスのありようを一旦リセットして、ゼロから考え直してみましょう。女性の性欲は60代、70代でも衰えませんが、「常に性交したい」ということでもありません。良いセックスをすれば、20代のころと変わらないオーガズムを感じることができるということです。

自分のパートナーがどんな性行為を望んでいるのか、真摯に尋ねて、相手の欲求を素直な気持ちで受け止めましょう。「やさしく愛される」ということが女性にとって、いかに大切なことなのかを理解すれば、死ぬまで相手を悦ばせることができるでしょう。それによって、男性自身もこれまでに経験したことのないセックスの悦びを知ることができるはずです。

女性は必ずしも挿入がセックスだとは考えていません。男性はセックスに対する自らの思い込みをリセットして、女性が性行為に望むものをきちんと理解しましょう。そうすることで、灰になるまでセックスを楽しむことができるはずです。