HOME  >  二度目の青春を楽しむ方法  >  同窓会に参加して青春の味を思い出す

同窓会に参加して青春の味を思い出す

中高年が抱える問題といえば、健康状態。中でも、性機能の衰えを深刻に捉える方は多いのではないでしょうか。下半身が使い物にならなければ、好きな女性も満足にさせられませんし、男としての威厳も失われます。しかし、それは単純に"恋をしなくなった"ことが原因で起きているのかもしれません。

もし、あなたがまだ独り身で、衰える精力を少しでも回復したいと願うなら、積極的に恋をすることをおすすめします。どこで出会いを求めるかといえば、同窓会です。同窓会では、他の出会い環境にはない、甘くてロマンチックな恋愛体験が期待できるでしょう。

同窓会は参加する?しない?

絵はがきやメール、あるいは電話などで、同窓会の知らせをもらっても、億劫な気持ちになって行かない人も多いかもしれません。とくに40代、50代にもなると、30年以上前の古い記憶を懐かしいと思わず、「どうでもいい」と切り捨てる方もいるでしょう。学校を卒業して、社会人として新しい人生を始めて何十年と経過しているわけですから、同窓会の知らせを受けてもなかなかノスタルジーな気分に浸れるものではないかもしれませんね。

しかし、同窓会で久しぶりに再会した旧友たちの姿を拝見すると、一気に懐かしさがこみ上げると同時に、ほっこりと温かい気持ちになって、しばし厳しい現実を忘れられるというような、いい面もあるのではないでしょうか。大人になって、新しい出会いというのはなかなか見つかりません。同窓会がきっかけで昔の学友と何らかのつながりが生まれ、再会にもかかわらず何かの新しい出会いとして、付き合いが始まることも期待できるでしょう。

初恋の人は特別

同窓会に参加することで得られる恩恵は、旧友との縁が甦る以外にも、初恋の人と再会できること。そんな期待を胸に参加するのもありでしょう。学業を終え、社会人になって、いろんな女性と恋を楽しんだ経験は、どんな中高年男性にもあることですよね。しかし、男というのはいつまでたっても、初恋の女性だけは特別です。中には、例え結婚して家庭ができたとしても、初恋の女性の名前も顔も覚えていて、あわよくば会いたい、と密かな願望を抱き続けている人もいます。それくらい、初恋の女性というのは、思い出深いものなのです。

初恋の女性と再会ができる唯一の場所といっていいのが、同窓会です。かつて思い焦がれた憧れの女性が、年とともにその美しさに磨きをかけ、素敵な女性として目の前に現れたら…。もう年なんて関係なく、幼き頃、あるいは青春時代の恋を思い出し、体の機能だけでもタイムスリップするかもしれませんよ。

彼女も独身なら…

同窓会で、素敵な大人の女性となった初恋相手と再会。しかも、2人とも独身でフリーだったとしたら…。これは良縁と捉えてもいいのではないでしょうか。

同窓会が終わった後、みんなが参加する2次会は欠席して、2人だけでどこかいいお店に繰り出してみましょう。雰囲気のあるバーで、バーテンの作る美味しいカクテルのグラスを片手に、2人の出会いに乾杯。グラスを傾けながら、「君のことずっと好きだったんだ」と唐突に告白してみましょう。完全に2人の世界に酔いしれます。

「この後、どうする?」「ちょっと休みたいな」なんてセリフが飛び交えば、そこは大人な2人。彼女をホテルまでエスコートしてやりましょう。このシチュエーションを想定して、事前にバイアグラなどの勃起薬を準備しておくと、いざという時強力な味方となってくれます。もちろん、医師の処方を受けた安全なバイアグラを使用するのは言うまでもありません。

誰と出会うよりもロマンチックな香りのする初恋女性との再会。行動力と用意周到な準備が、精力回復の決め手となるかもしれませんよ。