HOME  >  夜遊び回春術  >  精力減衰。ひょっとしたら、風俗で治るかも?

精力減衰。ひょっとしたら、風俗で治るかも?

中高年男性が衰えた性機能を改善するために試みる方法といえば、精力剤、マムシやスッポンといった滋養強壮の摂取、または地道に体を鍛える…。などさまざまですが、“風俗通い”という方法も一利あるのではないでしょうか。実際にプレイする現場を重ねることで、しぼみがちだったペニスも立派にそそり立つようになるかも。ここでは、「風俗通いに精力回復効果はあるか?」について考えてみたいと思います。

女性に触れる喜び

日本は性のサービス産業が充実していますので、実際に女性とのプレイを楽しまなくても、性の処理をできる機会はいくらでもあると思われます。今の時代、“2次元キャラに恋をする”という一風変わった擬似恋愛で満足するという人もいるくらいですから、性や恋愛の楽しみ方は人それぞれあっていいでしょう。

しかし、いくら大人向けの動画や、性描写の過激な雑誌、2次元恋愛で心を満たしても、女性の肌の温もりを味わえる、このかけがえのない瞬間は永遠に訪れません。やはり、男性が女性に求めるものは、視覚や聴覚のみで楽しめるものではなく、肌と肌の触れあいで味わえるものこそ、理想であるといえるのではないでしょうか。

女性の肌に直接触れ、刺激を感じる。どこに刺激を感じるかといえば、生殖器です。より刺激を与え続けることで、衰えた性器は甦るかもしれません。性風俗は、お金さえ払えばその刺激が味わえる場所です。

実際にやってみないと分からない?

年齢を重ねるとともに、男性ホルモンの分泌量が減少し、勃起や射精の力が衰えることは、科学的にも証明されています。しかし、それは単なる“思い込み”かもしれません。

ペニスの立ちが悪かったり、いつも早漏で終わったりする現象は、何も男性ホルモンの分泌力低下のみが原因ではありません。そこには、「どうせもう年だから」とか「自信がない」とか、精神的な面で機能が働かなくなっている怖れも十分考えられるのです。

本当に大事な部分が役に立たなくなっているかどうかは、実際に女性を前にして試してみないと分かりません。奥さんや恋人の前でそれを試すのは怖い、という方もいるでしょう。そんな時こそ、助けになってくれるのが風俗嬢ではないでしょうか。相手が職業人であれば、例え失敗しても傷つくことはありません。ひょっとすると、勃起しないというのは単なる思い込みで、実際にはきちんと機能するかもしれません。実験する気持ちで風俗に足を運ぶのもアリです。

時間もお金も余裕があれば、風俗通いも悪くない

中年男性といえば、それなりにキャリアも積み、社会的地位や高い収入が得られている世代です。性風俗で遊ぶくらいの経済的余裕があってもおかしくありません。もし、趣味もなく、一緒に過ごす相手もいない人生であれば、風俗嬢と楽しい時間を過ごすのも悪くないでしょうし、それが精力回復につながったとしたら、まさに一石二鳥です。

風俗に通う楽しみを見つけて、その瞬間だけでも充実すれば、衰えたはずの性機能が徐々に回復していくかもしれません。何度も回数をこなすことで鍛えられるのは、精力だけに限らず、万事に言えることです。時間やお金に余裕があれば、楽しむ思いで風俗通いにチャレンジしてみましょう。