HOME  >  夜遊び回春術  >  性のプロをイカせてしまう責め方のコツ

責めずに責めさせる!風俗嬢のポテンシャルをアップさせるコツ

風俗に行ってもなんだかイマイチ楽しめない…もしかしたらあなたは女の子に好かれていないのかもしれません。風俗はお客と嬢、それぞれの関係性によってサービスの質が大きく変わってきます。簡単に言えば、女の子は好意を持つ男性に対しては実力以上の性奉仕をしてくれるものなんです。風俗嬢のポテンシャルを最大限まで引き出すコツをご紹介いたします。

風俗は人と人との触れ合いです

男性にとって風俗は性を謳歌するための場所です。嬢にとってはお金を稼ぐところにほかなりません。つまり、お客は料金を支払いその対価として女の子が性奉仕をしてくれるというわけですね。形としては世の中の様々なサービス業と何ら換わりありません。ただ一点、忘れてはいけないのが風俗というのは人間の根源的な欲求をさらけ出す場所だということ。普通の接客業に比べて人間味や情といったものが大きく出てくる仕事なんです。
風俗嬢もプロとはいえやはり人の子。肌を合わせた男性に対しては多少なりとも情がわきますし、好き嫌いといった感情も出やすいものなんです。風俗とはそうした人と人との触れ合い、生々しいコミュニケーションの場であるということを覚えておきましょう。

会話をしっかりと楽しみましょう!

人と人との触れ合いの場であるならば、やはり会話は重要なポイントです。中には「プレイ時間が潰される!」という思いから、会話もそこそこにプレイに入る男性もいます。しかし、中高年男性がせかせかとエッチをしたがる姿は風俗嬢にどう映るでしょうか?きっと「いい年して女扱いが下手…」と思われてしまうかもしれません。そこまで思われなかったとしても、全くの無言で偉そうにプレイのみを要求するお客に対して、風俗嬢たちは快く思うことはないでしょう。
風俗嬢たちがマイナスの感情を得てしまうと、意識的・無意識的にサービスの質をさげてきます。プロですから最低限、射精までは導いてくれるでしょう。ですが、和気あいあいとした恋人のようなプレイは望むことができません。ただ淡々とムスッとしながら勃起させて抜く…そんな怠惰なプレイをされてしまうことでしょう。
このように会話を全くしないというのは風俗嬢の感情だけでなく、せっかくのエッチの満足度にも悪影響を与えてしまいます。人と人との触れ合いだからこそ、しっかりとコミュニケーションを取る。より良いサービスを受けたいならば、忘れずに覚えておきましょう。

責めさせてサービスが良くなる理由

サービスを向上させるもう一つのコツとしては「嬢に責めさせる」ことです。風俗嬢は性奉仕をするのが仕事なんだから、当たり前のことでは…と思うかもしれません。もちろん、ただ責めてもらうだけではダメです。それではマグロが一匹ホテルのベッドに打ち上がったのと代わりありません。そうではなく、責められたらしっかりと反応をして嬢を興奮させることが大切です。
たとえば、せっかく女の子がテクニックを尽くして性奉仕してくれているのに、お客が全く反応しなかったら…きっと彼女はがっくりしてしまいますよね。喘ぎ声もなく勃起も弱ければ、性のプロとしてのプライドはズタズタになってしまうことでしょう。そうなってしまっては、やる気を無くしてサービスも低下してしまいます。
そういった事態にならないためにも、多少オーバーなくらいに声を出してみたり、事前にバイアグラを飲んでおいたりしておきましょう。風俗嬢が「反応が良くて責めるのが楽しい!」と思ってくれればこちらのものです。そうすればより気持ちが入り、サービスにも心がこもることでしょう。責めさせるためにこちらが多少演技なり準備をしてあげる、そうした心遣いこそがお客と嬢をWin-Winな関係にするコツです。