HOME  >  夜遊び回春術  >  中高年の風俗遊びのコツ

慣れ過ぎは敬遠のもと!?中高年の風俗遊びのコツとは?

中高年ともなれば風俗慣れしている方も多いことでしょう。お店の、特定の嬢の常連ともなればサービスも良くなるはず…。ですが、逆にその慣れが女の子から嫌われてしまう…そういうケースもあるのをご存知でしょうか?
慣れ過ぎた中高年のお客が敬遠される理由、そしてその対策についてご紹介いたします。

中高年は遊びも脂が乗っている?

20代~30代は昼も夜も女性のことばっかり考えてしまう年代です。性欲も強く、毎日だってエッチをしたい、オナニーをしたい、そんなことを考えていることでしょう。一方、40代~50代の中高年はどうでしょうか?さすがに四六時中、女性のことを妄想することもないでしょうし、性欲も若い時分に比べれば衰えが来ているものです。
しかし、意外とキャバクラや風俗の夜遊びは中高年世代のお客が多いんですよね。もちろん、仕事上の接待とか、部下におごったりとかもあるでしょう。ですがプライベートな遊びもけっこうあるんです。実際にほとんどの風俗店で「常連」と言われるようなお客さんは40代~50代が多いと言われています。

なぜ中高年が夜遊びをするのか?

精力の強い若い世代に比べても遜色ないくらい夜遊びを堪能しているシニア世代。なぜ彼らはそんなに遊ぶことができるのでしょうか?答えは簡単、お金に余裕があるからです。実際に20~30代に比べると40~50代の年収は高い傾向にあります。ですから風俗に使うお金もあるんですね。
「でも、家族を養っている分、独身の若い人より金銭的余裕がないのでは?」という考え方もあるでしょう。確かにそれは間違っていません。しかし、若いうちは性欲もありますが、何よりも「いろんな遊びをしたい」という欲求が強いのです。美味しいものを食べたり、ギャンブルをしたり、友人たちと遊びほうけたり…風俗以外にもたくさんお金を使ってしまっています。逆に家庭のある中高年たちはお小遣いをやりくりして「風俗一本」に絞っている人が少なくありません。若い世代に比べて真っ直ぐ一途にエッチに走っているんですね。

慣れ過ぎは嫌われるもと?

そんなわけで、中高年の風俗好きはかなりの通である場合が多いです。風俗嬢の見た目、マナー、サービス、プレイ内容…場数を踏んでいるだけに見る目もかなり厳しいものがあります。 通であること、それ自体は別に悪いことではありません。しかしそれが風俗嬢にとっては重荷になることはあるようです。ちょっとした言葉遣いを指摘されたり、テクニックについて講釈をされたり…風俗通の中高年にそういうことをされて「面倒だなぁ」と思う風俗嬢はかなりの数がいます。
嬢だって人の子ですから、表面上は笑っていますが心の中では嫌がっているもの。それがサービスに出てしまうこともあります。つまり、中高年の風俗通の「無駄な慣れ」は結果的に自分の受けるサービスレベルを下げることになっているんですね。

中高年よ、紳士になれ!

風俗嬢から敬遠されて、サービスのレベルを下げる…それを防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか?答えは簡単です。女の子たちに気に入られる紳士になればいいだけ!嬢を一人の女性として扱い、説教臭いことを言ったりいちいち文句を言ったりしない。たったそれだけでも女の子たちは「この人、大人だな」「いいお客さんだな」と思ってくれます。そうなれば自然とサービスレベルが向上するのは至極当然のことといえるのではないでしょうか。

お金を払っているのは自分、ですがサービスの質を上下させるのも自分です。遊び慣れているからこそ謙虚に、風俗嬢と対等に接して楽しいプレイを満喫しましょう!