HOME  >  二度目の青春を楽しむ方法  >  青春時代のような恋

青春時代のような恋をして精力回復!

「結婚を考えない女性が増えた」「恋愛に興味を示さない若者が急増している」巷では、さかんにこんな声がささやかれています。確かに、恋愛で辛い思いをすることもあるでしょうし、煩わしいと思うこともしばしば。そんな面倒くさいことに人生を費やすくらいなら、1人で自由気ままに過ごすほうが幸せ…。と感じる人が増えてもおかしくありません。しかし、一度きりしかない人生、果たしてそれでいいのか?恋をすることで、あの症状が回復するかもしれませんよ。

男女が集うパーティー

1人気ままな生活を好む人でも、心の奥底では、「いい出会いないかな」「さすがにずっと1人だと、将来が不安」と考えるものではないでしょうか。そんな男女の微妙な心理をすくい上げ、婚活パーティーや街コンを主催し、幅広い世代に出会いの場を提供するサービスが増えています。

例えば街コンなどは、「20代限定」「男性は年収500万円以上限定」「公務員限定」など、条件を定めて男女の参加資格を限定するユニークな企画がさかんです。その中には、「ミドルエイジ限定」というように、40~50代の中高年世代が集うパーティー企画もあります。このような出会いの場に積極的に顔を出すことで、恋の花を咲かすチャンスが訪れるかもしれません。

恋をして燃え上がることも

男女の営みは、お互いに恋愛感情があってはじめて成立するものです。よく男に対しては、「相手が女であれば、誰でもいい」なんて偏見がつきまとうものですが、決してそうとばかりはいえません。下半身が元気ないのは、燃え上がるような恋をしていないからで、ひとたび恋心に火が付けば、失われたと思っていた性機能も甦ってくるかもしれないのです。

そのためには、まず恋をすることです。恋をするには、同じく恋を求める女性のいる場所に足を運ばなくてはなりません。すでに説明した婚活パーティーや街コンなどを活用するのもいいでしょう。また、雰囲気のいいショットバーに毎日通っていれば、そこで顔見知りになった常連客とささいな会話から意気投合し、恋愛へと発展する可能性もゼロではありません。

「そんなドラマみたいな話あるわけが」とお思いかもしれませんが、「事実は小説よりも奇なり」ということわざもあります。極端な話、そこに男女がいればどこにだって恋の種は落ちているものです。ショットバーに限らず、居酒屋やコンビニ、毎日利用する通勤電車の中にだって、花を咲かせる土壌はあります。まずは、「絶対に出会う」「必ず恋をする」という意気込みが大切です。

「絶対に精力を回復する!」という意気込みを

とくに恋愛をロマンチックなものとして捉えるのではなく、中高年であればドライに、「精力を回復するため」と設定してもいいでしょう。出会いやセックスの機会さえあれば、心と同時に下半身も燃え上がり、性機能の衰えも改善するかもしれません。「また若い頃みたいなバイタリティを甦らせてみせる」という強いハートを持つことが大事なのです。

恋愛も気力が必要ですので、モチベーションを保つには、明確な目標設定が大切です。街コンなどのパーティーに顔を出すのは、いい出会いを見つけるため。いい出会いに恵まれれば、またみなぎるような精力を取り戻せる!というゴールを置くと、日々の恋愛活動にも張りが生まれ、気がつけば若い頃より元気になっていた…という嬉しい事態に直面するかも、です。