HOME  >  元気を取り戻す回春術  >  前立腺マッサージで回春

前立腺マッサージで回春

回春の裏ワザとして、昔からよく耳にするのが「前立腺マッサージ」です。肛門から指を入れて前立腺を刺激する行為のことで、これによって勃起と絶頂感を得られるとされています。

風俗店などで受けることが可能ですが、衛生面での心配もありますので、技術と管理のしっかりしたところを選ぶようにしましょう。

前立腺とEDの関係

前立腺とは、栗の実くらいの大きさをした男性特有の器官です。その働きについてはまだ不明な点も多いのですが、おもに精子を活性化させるために必要な「前立腺液」の分泌がおこなわれています。

ちなみに前立腺の病気としては「前立腺がん」のほか、シニア男性に多く発症する「前立腺肥大症」も代表的です。その名の通り前立腺が肥大化してしまう病気で、日本では80歳になるまでに8割の男性がかかるといわれています。

前立腺の中には尿道が通っているため、前立腺肥大症になると尿道が圧迫されて、さまざまな排尿障害が起こります。また局所的に血流が悪くなるため、EDになる確率も上がるようです。 前立腺肥大症の治療によって、EDが改善されたというケースも多いですので、中高年男性で排尿障害のある人はぜひ泌尿器科を受診しましょう。

病院での検査が、前立腺マッサージに発展した!

前立腺肥大症や前立腺がんの診断の1つに、「直腸診」があります。医師が肛門から指を入れて前立腺の状態を確かめる検査のことで、画像検査が発達した現在でもよくおこなわれているものです。

前立腺マッサージは、この直腸診から考案されたものだといわれています。前立腺の近くには勃起に関わる神経が通っているため、ここを刺激すると勃起が起こるのです。

さらに「ドライオーガズム」といって、射精をともなわない絶頂感を得ることもできます。通常、男性のオーガズムは射精とセットですから、女性のように何度も味わうことは不可能なのですが、前立腺マッサージならそれができるといわれています。 これが病みつきになって、前立腺マッサージに通い続ける男性もたくさんいるほどです。

前立腺マッサージには、衛生管理と「慣れ」が必要!?

前立腺マッサージを自分でおこなう男性もいるようですが、体勢的にややつらいため、体の柔軟な人でないと難しいかもしれません。もしくは慣れた人なら、肛門から指を挿入せず、会陰部分を刺激するだけでもドライオーガズムを得られることがあるようです。

いずれにせよ前立腺マッサージで絶頂感を得るためには、ポイントを確実に押さえることと、衛生管理をしっかりとおこなう必要があります。ですから風俗店でお世話になる場合は、きちんとしたお店を選ぶようにしましょう。

また慣れないうちは、なかなか絶頂に達さない男性も多いようです。前立腺マッサージで何度もオーガズムを得るためには、その感覚を習得する必要がありますので、やる気のある人は複数回試してみたほうがいいでしょう。