HOME  >  中高年男性の回春は、生活習慣の改善から  >  ジム通いの習慣

ジム通いの習慣で、体力アップ!精力回復!

最近元気がない中高年のための精力回復法として、ジム通いをおすすめします。筋トレやマラソンなどを毎日習慣付けることで、基礎体力がアップし、テストステロンの増量につながります。ジムで体を鍛えることは、健康面でさまざまなメリットをもたらします。

体を鍛えることのメリット

40歳を過ぎると、急激に体力の衰えを感じる男性も多いでしょう。若い頃は徹夜や暴飲暴食など、多少無理な生活をしても平気だったのが、今ではちょっとの飲み過ぎでも疲れがたまり、翌日の仕事でミスを連発して上司に叱られる…。そんな辛い体験をおもちではないでしょうか。

時間の流れに任せたままでは、衰えは加速する一方です。少しでも体力的な衰えや機能の低下を食い止めるには、体を鍛えて基礎体力をアップすること。そのためには、トレーニングのためのジム通いをおすすめします。

ジム通いによる体力アップにはさまざまなメリットがあります。全身に筋肉が付くことで、肉体的に若返り、自分への自信にもつながるでしょう。体力がアップすることで、免疫力も向上し、病気に負けない体を手に入れることができます。

空いた時間を使い、体を動かして汗を流すだけで、アンチエイジングと健康増進という2つの大きな働きが得られる。そんなエネルギッシュな生活は元気のない中高年男性にこそおすすめです。

体力アップでテストステロンが増量?

ジム通いのメリットは、若返りや丈夫な体作りだけではありません。適度な運動を続けて基礎体力を向上させることは、精力の回復にもつながるのです。

男性の精力を司るのは、男性ホルモンです。いわゆるテストステロンとよばれる物質が多ければ多いほど、男性は元気になり、夜の生活でも女性を満足させることができます。しかし、このテストステロンは年齢とともに分泌力が低下し、射精や勃起などの機能に著しく影響を及ぼすでしょう。40を過ぎたあたりから、勃起不全や早漏に悩まされる男性が増えるのはこのためです。

しかし、このテストステロンも、自発的に運動やトレーニングを続け、身体機能をアップさせれば、男性ホルモンの分泌力向上に一定の効果があるといわれています。テストステロンが増えれば、それに応じて性機能もアップし、勃起不全や早漏などの精力減退の歯止めになることが期待できるでしょう。

適度な運動生活を維持するには、スポーツジムに通うことが最善の方法かと思われます。運動は続けることがベストで、3日坊主で終わってしまっては何の効果もありません。ジムに通えば、効果的なトレーニング方法に通じたインストラクターもいて、専門的な見地からアドバイスが受けられます。トレーニング器具や器材など、設備面も充実していて、モチベーションの維持にもつながるでしょう。運動は1人で行うより、多くのトレーニング仲間が集う環境下、刺激を受けながら続けることをおすすめします。

メリットばかりじゃない。運動の注意点

精力回復にぜひチャレンジして欲しいジム通いですが、注意して欲しい点もあります。それは、オーバーワークで逆に体を痛めてしまうことです。健康にいいことでも、やり過ぎると逆効果です。いくら気持ちの面では若くても、中高年男性は若者に比べたら、疲労回復も遅いですしハードな練習量に耐えられる体力も持ち合わせていません。また、運動量の調節もせずにハードワークにチャレンジしたら、疲労骨折などの原因にもなります。ご自身の体力と筋力、運動能力や身体機能などと相談しながら、徐々にトレーニングの量を増やしていくスローペースで最初は臨んでください。

運動やスポーツは健康の基本。しかしやり過ぎてはダメです。徐々に体を慣らしていく感じで取り組み、元気で若々しい肉体と性機能を取り戻しましょう。