HOME  >  極上の風俗体験  >  金髪ギャルのうますぎるフェラ

金髪ギャルのうますぎるフェラでとろけそうになった話

風俗遊びは精力の回復や維持に最適です。私は暇を見つけては風俗に遊びに行っておりますが、そのおかげか、ペニスはこの年になってもいたって元気ですね。この記事、このカテゴリーでは、私の風俗体験をご紹介したいと思います。第一弾は、私が最も多く足を運んでいるであろう「ピンサロ」についてお話しいたしましょう。

ふらっと立ち寄れるのが良い!

ピンクサロン、ピンサロは、私が初めて行った風俗です。口と手で抜いてもらう安い風俗で、今でこそ気軽に行けますが、初挑戦のときにはだいぶ緊張しましたね。

それはさておき、ピンサロの良いところは、仕事帰りや、ちょっと酒を飲んだあとになど、ふらっと立ち寄れることでありましょう。値段も安いですし、風俗店の中ではかなり店舗の多い種類でもありますからね。都心となればひとつ、ふたつは店があるものです。それにソフトな内容であるためか、価格のわりに可愛い子が多いというのも、ピンサロのメリットといえそうです。

その日、私は仕事帰りに、同僚と酒を飲んでおりました。そうするとやはり女性の話になります。「このあと、風俗でも行かないか」と彼は言い、私はそれを承諾しました。そしておっさん二人、近くのピンサロ店へと足を運んだのです。

金髪ギャルが登場!

店に入ると、空いていたのか、二人同時に、すぐに席に案内してもらえました。そして待つこと数分。女の子がやってきたのです。彼女の名前はYさん。すらっとした体型の金髪ギャルです。メイクがかなり濃く、まつ毛なんかはもう盛り盛りで、すごいことになっています。しかしこう、その化粧の濃さが逆にいいといいますか、ケバい女に妙に興奮してしまうものなんですよね、男は。いかにも風俗嬢らしいというか、そんな雰囲気が良いのです。

私は隣に座ったYさんとしばし雑談を楽しみました。ギャルだから、というわけでもないでしょうが、非常にノリの良い子で、話していて楽しかったですね。数分そうしたところで、彼女が「そろそろしとく?」と言うので、私は頷き、すこし体を触り合ったあと、ズボンを脱ぎました。

濃密なフェラで昇天

ギャル系の風俗嬢は、まあやる気がなかったりすることが多いんですけれども、Yさんはそんなことはありませんでした。陰嚢から裏筋までていねいに舐めあげて、ペニスが十分に硬くなったところで口の中に咥え込みます。唇でペニスを優しく締めつけながら、首を前後に動かして、その間裏筋を舌で舐めてくれます。とても上手で、濃密なフェラチオでした。それほど激しくされていないのに快感の度合いは強く、体がとろけてしまいそうになります。

ほどなく射精感が押し寄せてきまして、私は彼女の手を握り、足をぴんとさせ、彼女の口内にぶちまけました。かなりの量が出た感じがします。射精の最中も彼女は首を動かし、精液を搾り取るようにしてくれまして、それがまた気持ちいい。もうこのまま溶けて人間じゃなくなるんじゃないかと思うほどの快感です。終わったあとはしばらく放心状態でしたね。

退店後、同僚とラーメンを食べに行ったのですが、彼はハズレを引いたらしく、愚痴を言っておりました。私は話をあわせ、あの店は微妙だね、なんて言いながら、また近いうちにYさんに会いに行こうと心に決めたのでした