HOME  >  極上の風俗体験  >  巨乳ピンサロ嬢Sさんとの濃密プレイ

巨乳嬢の谷間に大興奮!はじめてのオナクラ体験

皆さんは「オナクラ」という風俗をご存知でしょうか。これは、店により少しずつ内容が異なるのですが、基本的には、オナニーを見せつける、あるいは見せっこをするというものです。この記事では私が初めてオナクラを利用したときのことをお話しいたします。

オナクラは意外と興奮する?

ある日のことです。私の職場の後輩が、仕事帰りに飲みに行った際に、「最近オナクラ行ったんですよ」という話をしてくれました。私はオナクラについて存在は知っていましたが、オナニーを見せつけるというプレイにあまり魅力を感じず、それまで一度も足を運んだことがありません。しかし後輩が「いや意外と興奮しますよ、あれ」と熱っぽく語るので、だったら一度くらい行ってみてもいいかなあ、と思ったんですね。

そうして数日後の土曜日、私は勃起薬を飲んで、都心にあるオナクラ店へ出掛けていきました。本当に興奮するのか、楽しいものなのかと疑いつつも、ちょっと楽しみです。私は店の扉を開き、中へと入りました。

狭い個室に二人きり

その時間帯は空いているのでしょうか、料金を支払うとすぐに個室へ案内されました。広さは四畳くらいでしょうか。もしかするともっと狭いかもしれません。黒の革張りのソファとティッシュがぽつーんと置いてあるだけの寂しい部屋です。ソファの大きさは大体、大人2人がぎりぎり並んで座れるくらい。おそらく体が密着するように、あえてこの大きさにしているのでしょう。

そうして、ソファに座って待つこと数分。ドアがノックされ、失礼しますと静かな声で言いながら、嬢が入ってきました。彼女の名前はAさん。31歳の、全体的にむっちりとした女性です。大きく胸元のあいたシャツに、ミニスカート。EかFカップくらいはありそうな大きな胸と、むちむちとした太もも、尻がなんとも魅力的です。彼女が隣に座ると、やはり体が密着しました。まだ何もしていないのに、狭い部屋で二人きりで、肩を寄せ合っているというだけで、ペニスはガチガチに硬くなります。この時点で私はすでに、オナクラって結構いいもんじゃないか、と思い始めておりました。

至近距離で見せつける

しばらく雑談をして、いよいよプレイ開始です。私はズボンと下着を脱ぎ捨て、勃起したペニスを露出させました。そしてソファに片足をかけて、ペニスをAさんの顔にうんと近づけます。そうすると彼女の胸の谷間が見えるのですが、そのふくらみの柔らかそうなこと。ちょっぴりブラジャーが見えているのも素敵です。おさわり(生タッチ)は禁止の店でしたので、シャツの上から軽く揉む程度で我慢。しかしその生殺し感が興奮を高めてくれます。私は、彼女が恥ずかしそうに目をそらしたりするたびに、ちゃんと見てと指示し、ペニスをしごきつづけました。ああやって至近距離でオナニーを見せつけるのは、なかなか興奮しますね。

最後はティッシュに出して終了です。Aさんとヘルスプレイをできたらどんなに幸せかと思いましたが、やはりそのお預けを食らう感じがオナクラの魅力ともいえるのかもしれません。また機会があれば、Aさんとプレイをしたいですね。そのときは色々とオプションをつけて楽しみたいと思います。