HOME  >  精力を取り戻す入浴法  >  精力減衰から身を守ろう

更年期を乗り越え、精力減衰から身を守ろう

男性にも更年期障害があるのをご存じでしょうか。ホルモンバランスの乱れから、女性が更年期障害に悩まされる問題は有名ですが、男性もまた、40代50代にさしかかると男性ホルモンが減少し、それによってさまざまな体調の変化に見舞われます。そして、「更年期かな?」と思ったら、同時に精力減衰も疑ってしかるべき対策を行ってください。

男性の更年期障害

男性の更年期障害で多い症状といえば、うつ症状や倦怠感、疲労感、無気力、イライラや集中力不足、記憶力の低下などのメンタルヘルス的なものから、視力の低下やのぼせ、ほてり、動悸、めまい、頭痛、耳鳴りや肩、腰、背中などの痛み、関節痛といった身体的症状まで、さまざまです。

しかし、男性の更年期障害でもっとも懸念されるのが、テストステロンの減少による男性機能の低下、性活力の減退です。多くの男性は、40代も半ばを過ぎると、男性ホルモンを分泌する力のある睾丸の働きが弱くなってしまいます。あるデータによると、男性ホルモンの分泌力は25歳がピークで、あとは加齢とともに減少を辿るということです。

男性ホルモンが低下の一途を辿れば、性の意欲も失われ、女性の体を見てもとくに喜びも興奮も感じなくなる、そんな寂しい生活が待っています。人生90年として、45歳で精力を失った場合、残り半分の人生は全く性の楽しみを味わうことなく終わってしまうのです。"死ぬまでセックスを楽しみたい"というのであれば、早めに対策を立てて更年期に備える必要があるでしょう。

病院で診断を

男性更年期障害を自覚したら、まずは専門の外来を設けている病院で診断を受けましょう。病院の「男性更年期外来」や、メンタルヘルスのクリニックで適切な治療を受けてください。

更年期障害もさまざまな症状がありますので、症状に応じて受診する医療機関を選択します。うつ症状や疲労感、倦怠感がひどいときは精神科、視力低下やめまい、頭痛、肩こり腰痛などの悩みは内科で相談しましょう。

更年期障害でも深刻な勃起不全や性欲の低下は、泌尿器科での診断が適切です。男性機能の低下を防ぐうえで効果的な精力剤や勃起剤を処方してもらうことになるでしょう。栄養バランスのよい食生活や適度なトレーニング法など、生活習慣を改善するアドバイスももらって少しでも精力減衰に歯止めをかけたいですね。

生活習慣を改めよう

更年期障害は、食生活や生活習慣を改善することで遅らせたり、症状を軽くしたりする効果があります。食生活では、脂質や糖分をできるだけ抑えた食事を心がけましょう。肥満体質は、男性ホルモンの働きを妨げる大きな要因にもなるのです。

まずは、食べ過ぎないことが大切。食欲旺盛なときでも腹八分目を心がけましょう。くれぐれも夜の遅い時間での間食や、肉類や揚げ物に偏った食生活は避けるようにしてください。

また、適度な運動を毎日行うことで、男性ホルモンの働きが上向きます。腹筋や腕立て、スクワットなど簡単な筋力トレーニングを実践するだけで効果があります。スイミングやウォーキングなどを1日1時間続けるだけでも血行が良くなり、勃起力の改善につながるでしょう。

ちなみに、男性ホルモンは睡眠中に分泌されます。規則正しい生活を送って、睡眠は7~8時間十二分にとることが大切。なるべく快眠な生活が送れるよう工夫することも忘れないでください。