HOME  >  どうしても勃たないED克服術  >  EDクリニックの正しい選び方

勃たない時の救世主?EDクリニックの正しい選び方

勃起不全の治療薬という、男性にとっては夢の薬であるバイアグラ。現在では開発元・ファイザー社の特許機関も切れており、同様の効果を持ちつつ安価なジェネリック版も多く販売されています。それに伴い、ジェネリック版バイアグラを扱うクリニックも増えてきました。

しかし、国内で流通しているよりも安価な海外製のジェネリック版バイアグラを処方するクリニックも存在し、この場合は薬そのものの安全性や効果に疑問符がつく場合もあります。海外版ジェネリック・バイアグラは国内への正規輸入ルートが存在せず、個人輸入や不正に持ち込まれたものがほとんどなのです。中には、成分が異なるもの、つまりは偽物も多く紛れ込んでいると言われています。

参考⇒海外製ジェネリックは安心か?|バイアグラ個人輸入に潜む罠

信頼できる病院を検索できるサイトを活用

勃起不全の治療を決意したならば、安全な薬を処方してくれるクリニックを選びたいところです。しかし、どの病院がどんな薬を処方しているかを調べるのは、一般人にはなかなか大変なはず。そこで、病院探しに役立つ検索サイトを3つ紹介します。ここには正規品を処方している安心できる病院しか掲載されていませんので是非活用して下さい。掲載されていない病院は偽物が多く混入する海外のED治療薬を処方してくる可能性が高いので病院に行く前に必ずチェックしよう。

・日本新薬提供の病院検索サイト→http://www.ed-care-support.jp/search/
自分が住んでいるエリアを、MAPから直接、もしくはテキストリンクからクリックしていくだけで、最寄りの病院を探すことができます。ED治療に実績のある病院ばかりが登録されており、EDについての悩み相談から診察まで、安心して任せることができる病院が簡単に見つけられます。

・ファイザー提供の病院検索サイト→http://www.ed-info.net/search/
大手製薬会社であるファイザー製薬が管理運営する、ED患者向けの情報サイトです。こちらもMAPやリンクをクリックしていくだけで、住所近くの信頼できる医療機関が簡単に検索できます。また、EDセルフチェックコーナーや、相談から診療に至るまでの流れ解説なども用意されています。お悩みの方には参考になるでしょう。

・バイエル薬品提供の病院検索サイト→http://ed-netclinic.com/hosp/
レビトラのメーカーであるバイエル薬品が提供しているレビトラの正規品を処方してくれる病院を地域別で検索できます。

すでにED治療を始めてクリニックに通っている、処方を受けているという方も、試しに上記のサイトで検索してみてください。上記3サイトのどれにもヒットしなかった場合、非正規ルートのジェネリック・バイアグラ薬を扱っている病院の可能性があります。リスクを抑えるために、病院を変更することをオススメ致します。

海外製ジェネリック・バイアグラは半数以上が偽物!?

かつて、日本とタイで、インターネットで購入できるジェネリック・バイアグラ薬の成分を調査したところ、なんと55.4%が偽造品という結果が出ました。日本国内には海外製のジェネリック・バイアグラを正規輸入するルートは存在せず、つまりは個人輸入などの非正規ルートで購入した場合は、半数以上が偽造品となる危険性があるのです。

国内で購入できる「正規品」のジェネリック・バイアグラ薬は、すべて厚生労働省の認可を受けています。つまり、使用がおすすめできるものは、厚労省が安全性をチェックし、保証したもののみということです。認可薬や製造メーカーも全て公表されており、確認することができます。

2016年現在で、厚労省の認可を受けている正規品のジェネリック・バイアグラ薬は全部で10種類存在します。東和薬品や富士化学工業、あすか製薬といった大手のジェネリックメーカーが製造しており、厳格な治験をクリアした信頼性の高いものばかりです。

すでに処方を受けているならば、医師にどこ社製のなんという薬なのかを、しっかりと質問してみるのもいいでしょう。現在はインフォームド・コンセント(医師による説明義務と患者の同意)の概念が浸透したことなどもあり、まともな医師であればきちんと説明してくれるはずです。

安さにつられて健康を損なうのでは本末転倒!

国内にはすでに、高い安全性と確かな効果が得られるジェネリック・バイアグラ薬が流通しており、治療を受けることで正規の手順で入手することができます。にも関わらず、価格の安さに惹かれて海外製の安価な薬を購入している方も多数いるのが現状です。確かに安さは魅力ではありますが、前述のように偽造品が混入する危険性も高く、副作用など健康被害が生じた際にも正しいケアを受けることもできなくなるというリスクが存在します。

治療のため、健康のために薬を飲むのに、健康被害のリスクが高いのでは本末転倒です。信頼できる病院を探し、安全な薬を正しく服用することを心がけてください。深刻な副作用が起こってしまえば、多少の金銭的な節約など無意味になってしまいますよ!